住宅ローンの審査に通りやすい人・落ちやすい人

住宅ローンの審査に落ちやすい人

住宅ローンの審査に落ちやすい人 住宅ローンの審査に審査に落ちやすい人の特徴としては、クレジットカードやローン、携帯電話などの支払いで、期日を守らない人です。「1日や2日くらいなら後れても大丈夫」などと考えている人はいますが、そういう人は審査に落ちやすいです。
なぜなら、銀行は、たった1日の遅れでも、契約違反と見なしてしまうからです。住宅ローンによっては、「過去1年で延滞がない人」という条件がつけられていることもあります。
こういった条件がついている場合には、過去1年に1回でも延滞をしていると、その時点で審査落ちが決まってしまいます。
他には、借金癖がある人も、審査に落ちやすい人です。消費者金融を過去に利用した記録があっても、それだけならば大きく不利になることはありません。
しかし、住宅ローンの審査に申込みをしようというときに、消費者金融から現在進行形で借りてしまっている人は、借金癖があるのかもしれないと疑われて、融資を断られる可能性が高くなります。
住宅ローンは最大で35年という長期の返済期間が設定されているので、安定して収入が得られる人でないと契約をしてもらえません。約束を守らない人や、借金癖がある人なども、性格的なリスクがあると見なされてしまう傾向があります。

住宅ローンの審査に通りやすい人

住宅ローンの審査に通りやすい人 建売りや、注文建築のマイホームの購入を考えたときには、余程の資産家であれば別かもしれませんが、通常は銀行などで住宅ローンを組むのが一般的でしょう。
しかし、住宅ローンは申し込みさえすれば、どんな人でもお金が借りられるというわけではありません。
貸す方は、借りる人がどのような職業についているとか、勤続年数はどれくらいかとか、年間の収入がいくらあって、借りたお金を無理なく返済できるかどうかなどを、しっかりと審査するのです。
万一、借りた人がローンを返せなくなったら、貸した方は大きな損害を被ってしまうのですから、審査には厳しい基準があるわけです。
さて、その住宅ローンの審査に通りやすい人は、どのような人でしょうか。もちろん、社会的に信頼を得ている人であることは当然ですが、その職業としては、公務員や、大企業などのサラリーマンが挙げられるでしょう。
それは、定期的に一定の収入が保証されているところから、返済をきちんとおこなってもらえると、貸す方が判断できるからに他なりません。
逆に、一般的なサラリーマンよりも、そのときはかなり大きな収入がある人であっても、収入にムラがあるような人は借りるのが難しいようです。

住宅ローン関連のお役立ちリンク

保証料0円、繰上返済手数料0円、保証人も不要の住宅ローンをご案内する会社のサイト

フラット35